FC2ブログ

Siegfried


最初は父親にヴァイオリンの手ほどきを受ける。その後1957年にウィーンに移り住み、有名なサモヒル教授の門下生となることを許される。
1963年にはウィーン交響楽団、1964-67年にはアーノンクール率いるConcentus Musicusのメンバーとなる。1968年にヴィオラに転向し、ソリストとしての活動を開始する。1973年にウィーン国立音楽大学のヴィオラ科主任教授となる。その後ウィーン弦楽六重奏団を結成し世界中で演奏会を行い大成功をおさめる。
2008年より東京芸術大学客員教授。
スポンサーサイト



チェロ   グスタフ・リヴィニウス教授  Prof. GUSTAV RIVINIUS

フルート バーバラ・ギースラー=ハーゼ教授 Prof. BARBARA GISLER-HAASE

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)